美しい小箱の世界を堪能☆ボンボニエール展@銀座ミキモト

こんにちは。人事部の Jean(ジーン)です。ブログご訪問ありがとうございます🎶

とつぜんですがあなたは「箱好き」ですか?
わたしは「箱好き」です!
もうもう、しかくくて(しかくじゃなくても底と壁があって)ふたがあって
中に何か入れられるようになっていると、それだけでかわいい💕
お菓子の箱とか、かわいいものが多いので処分するときはいつもたいへんです!

似た系統で、「瓶好き」や「袋もの好き」などもありますね😄

そして小さくて細工がよくて、ころんとしたものも好きなので、

小さくて細工がよくて、ころんとしていてなおかつ蓋がついた箱=愛しかない✨

というわけで、銀座4丁目のミキモト本店にて開催中の「ボンボニエール展」に行ってきました!

f:id:JJJean:20190508224041j:plain:w350

ボンボニエール展 について

DATA

「ようこそ、ボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—」

  • 期間:2019/4/5(金)~2019/5/10(金) 11:00~19:00
  • 場所:銀座4丁目ミキモト本店7階ミキモトホール(三越の向かい、山野楽器の隣)
  • 入場料:無料!
  • 所要時間:約30分

入口を入って、「ボンボニエール展が…」とか、「ミキモトホールの…」と言うと、
スタッフの方がにこやかにエレベーターを指してくださるので、そのままエレベーターで上がります。
エレベーターは入口から直進してすぐのところにあります👍

ボンボニエールとは?

手のひらサイズの小箱「ボンボニエール」は、
天皇のご即位や皇族方のご成婚など、慶事の際に皇室から贈られる引出物です。
明治期よりこの慣習が始まり、外国賓客にも贈られ、日本の高い美意識を世界に示す役割も担ってきました。

ミキモトHPより。

展示してあるもの

明治~現在に作成されたボンボニエール約60点と、ミキモトのアーカイブジュエリーが展示されています。
ミキモトのジュエリーは真珠のものだけでなく、まばゆいダイアモンドのティアラもあって圧巻でした!

ボンボニエールは皇族の誕生や結婚、古希のお祝いなどの際に配られたもののほか、
海外からの賓客にプレゼントされたものもありました。
海外の方へプレゼントされたものは、駕籠や牛車など、「ザ・ジャポニズム」!という造形のものが多かったです。
全体的に、現代に近づくにつれ形はシンプルになっているように思いました。
個人蔵のものも多く、こんなにまとめて見られるのは貴重な機会だなと思いました🙂

中ほどに「大正の大礼」(※)と「昭和の大礼」(※)のコーナーがあって、
そこで展示されていた銀製の挿頭(かざし。頭飾りのこと)がすごく繊細で美しかったです!

※大礼:天皇が即位した後、即位したことを国の内外に示す「即位の礼」と、
 その後に行う「大嘗祭」(だいじょうさい)の二つの儀礼をまとめて呼ぶことば、だそうです。

関連のある展示会について

下記2ヶ所で、関連展示が行われています。
両方とも、ボンボニエールに加えて花瓶やドレスなども展示されているようです🎵

泉屋博古館分館(せんおく はくこかん)

  • 期間:~2019/5/10(金) 11:00~17:00
  • 場所:六本木1-5-1(地下鉄南北線六本木一丁目駅直結の泉ガーデンタワーより庭伝いに行けます)
  • 入場料:一般 800円、高・大学生 600円、中学生以下 無料

東京(六本木)|住友コレクション 泉屋博古館

学習院大学史料館

  • 期間:~2019/5/18(土) 10:00~17:00 日祝休館
  • 場所:学習院大学キャンパス内史料館 [北2号館1階](JR山手線目白駅すぐ。副都心線雑司ヶ谷駅も利用可能)
  • 入場料:無料!

展覧会 | 学習院大学史料館

まとめ

ミキモトのボンボニエール展でも言われていた、「小さきものはみなうつくし」(うつくし=かわいい)。
銀製でかがやくうつくしい工芸品を見て、お店の1階ではこれまた美しいパールを見せて頂いて、
まさに眼福👀✨✨
充実した時間でした💕

期間は今週いっぱいですが、銀座にいかれる方はぜひお立ち寄りください🎵

↓ミキモト公式サイト。うつくしい写真もこちらから!
www.mikimoto.com


本日も最後までご覧いただきありがとうございました✨