有休を5日以上取る!<働き方改革>

最近よく聞く「有休5日以上」。

「罰則があるらしい」というウワサですが、実際どういうものなんでしょうか?

内容をかんたんにご紹介します😃

<目次>

背景

昨年(2018年)、労働基準法という法律が改正されて、
有休(年次有給休暇)を確実に取得させることが定められました。

今までは有休は適正に付与されていればそれでよかったのですが、
付与されても実際に使用されることが少なかったので、最低5日は取得するように、となったのですね。

内容

具体的には、

  • 10日以上の有休を付与された社員が
  • 付与されてから1年以内
  • 実際に取得した有休が5日未満だった場合
  • 会社は、5日に足りない日数分を、「〇月〇日に有休取ってね」と
    日付を指定して、取得させなくてはいけません。

会社の義務です!

ポイント

  • この<社員>には、契約社員の方はもちろん、課長や部長など、マネジメントの方たちも含まれます。
  • 5日以上取得していれば、会社から有休を取得するように指示されることはありません。
  • バースデー休暇やお盆休みなど、有休とは別の会社独自の休暇がある場合、
    その休暇を取得した日は「有休5日」にカウントされません。

実際には、例えば毎年4月1日に有休が付与される会社の場合、
半年後の9月末時点で全員の有休取得状況をチェックして、足りない方には
「3月末までにあと〇日取ってね~取ってね~」とお願いしていくかたちになるのかなと思いますが、
具体的にどうするのかは、各社の人事部の方たちが今うんうん考えているところだと思います。

罰則

ちなみに罰則はありますが、
有休の取得が5日未満だった社員の数×罰金を即!会社が支払うわけではなく、
まず労働基準監督署の指導が入り、改善が見られなかった場合に
罰則が適用されます。

みなさま有休5日、取得できそうですか?毎年5日以上取得されてる?結構難しい?

わたしは結構ギリギリです。。今年は旅行に行きたいな~!

以上、Jeanでした。Have a good day ♡